100%すべてPC画面上で物語が進んでいく映画『search/サーチ』が面白そう

廃油です

10月26日から上映開始される『search/サーチ』っていう映画がめちゃくちゃおもしろそう!

記事のタイトルにも書きましたが、『search/サーチ』は物語が100%PC画面上で進んでいくんです

あらすじ

主人公はカリフォルニア州に住むデビッド。妻を亡くし、16歳の娘マーゴットとの生活を送る彼だが、ある日、マーゴットが行方不明となる。

Twitter、Facebook、メール、YouTubeの動画、防犯カメラの録画などから明らかになるのは、思いもよらぬ事件の真実だった…

ネットのサービスから娘の足取りをたどっていくっていうのが現代的ですよね

というわけで、ぼくが『search/サーチ』に関して事前に感じたポイントを紹介していきます

予告編の感じ、『渇き。』っぽい

娘が行方不明
娘の情報を調べていく
実は娘にはとんでもない秘密があった!?

この感じ、『渇き。』に似てません?

『search/サーチ』の娘にはどんな闇があるのかわかりませんが、『渇き。』の徐々に秘密が明らかになっていく感じはぼく好みなので『search/サーチ』も楽しみです

物語がすべてPC画面を通してすすんでいく

この設定かなり実験的ですよね

主人公がずっと動かない映画だと『リミット』がありますが、あれよりシュールな画になりそう

だって映画館の画面にずっとPC画面が映し出されてるんでしょう!?かなりシュールですよ

でも予告映像を見る限りはそれでもワクワク感やスリルを感じさせるような映像になってる気がします。PC画面で予告見てるからかもしれないけど

ネットコミュニケーションが発達したいまだからできる映画

いま現在、コミュニケーションの手段としてネットは必要不可欠なものになっています

みんながTwitterやLINEやFacebookを利用しています

『search/サーチ』はそんな現在だからこそできる映画なんですよね

もし自分が失踪して、親にSNSとかを勝手に覗かれたらって思うと怖い。この映画にそういうメッセージが込められてるのかは知らないけども

真相は自分の目で確かめよう!

インターネットのサービスを使って娘の行方を追う主人公

娘にはどんな秘密があるのでしょうか?

その真相は自分で確かめましょう

『search/サーチ』は10月26日から公開開始です

公開される映画館は公式サイトで見られます

eigakan.org

残念ながらぼくの住んでいるところでは上映されません。みんなこの記事を広めて上映館を増やしてくれ

そんなこんなの今回です。
それでは次回も、何卒!

コメント

タイトルとURLをコピーしました