【書評】『1分で話せ』 プレゼンの目的を知れば1分で伝えられる

f:id:high_u:20180826212244p:plain

廃油です

今回は、伊藤羊一『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』を紹介します

この本では、プレゼンの目的とはなんなのか?どうすれば思い通りにプレゼンをすることができるのか?を知ることができます

『1分で話せ』の素晴らしいところは、ロジカルシンキングとか、「上手なプレゼンの仕方」に重点を置いた内容ではないということです

プレゼンの仕方の本なのに上手なプレゼンの仕方に重点を置いてないってどういうことだよ!って感じですよね

でも本当にそうなんです

『1分で話せ』を読めば、「上手なプレゼン」ではなく「意味のあるプレゼン」をすることができるようになります

というわけで、『1分で話せ』がどういう本なのか紹介していきます

プレゼンの目的は相手を動かすことだ!

プレゼンをする目的ってなんだと思いますか?

相手に内容を伝えて納得してもらうこと?

相手に自分の言いたいことを理解してもらうこと?

意外かもしれませんが、プレゼンの最終目的はそこではありません

プレゼンの目的とは、相手に動いてもらうことです

すべてのプレゼンは、ゴールを達成するためにあります。聞き手のことを考え、聞き手をどういう状態にもっていきたいかを見定めてから、それを実行するために何をすればいいか、何を伝えれば良いのかを逆算で考えていくのです。

この記事もある意味プレゼンです。『1分で話せ』という書籍をプレゼンしています

ゴールは、記事を読んでいるあなたに、『1分で話せ』を実際に読んでもらうことです

1分で相手にものごとを伝える方法を教えることが目的ではありません

会社のプレゼンも同じで、相手に自分のやりたいことを伝えて理解してもらうことがゴールじゃないんです

プレゼンをして自分が何をやりたいのかを伝えたうえで、相手にどう動いてほしいかを伝え、実際に動いてもらうことが、プレゼンのゴールなんです

そもそも、「理解してもらう」というゴールがおかしいのです。伝える側が、聞き手に、「理解したうえで、どうしてほしい」のか、君が動くのか私が動くのか、どうすればいいのか、ということを、必ず考えなくてはならないのです。

プレゼンの目的がわかっていれば、話す内容もコンパクトにまとまります

「相手を動かすことができるような情報」を伝えれば良いんです

どうすれば相手が動いてくれるのか?を意識すれば、簡潔なプレゼンをすることができるはずです

ここからは、具体的にどうすれば1分で話せるのかの説明をしていきます

1分で話すにはどうすれば良いのか

プレゼンの目的は相手を動かすことです

当然、結論をはっきりとさせなければ相手を動かすことはできません

「考える」とは、「自分の中にあるデータや自分の外にあるデータを加工しながら、結論を導き出すこと」なのです。

結論をはっきりだすことは怖いかもしれません

反対されるかもしれないし、痛いところを突っ込まれるかもしれない

でも、結論をはっきりさせないプレゼンをしても相手を動かすことはできません

結論をはっきりさせずないプレゼンをしても、なんだかよくわからないという結果になるだけです

結論をはっきりさせれば1分で話せる

この場で、あなたが伝えたい結論は何か。これをはっきりさせましょう。それが「考える」ということです。

人間って、相手の話をちゃんと聞いているようで実は全然聞いてません

だから、プレゼンをどれだけ装飾しても結局大半は頭に入らないんです

全然話を聞いてない相手に対して、結論のはっきりしないプレゼンを長時間やっても一ミリも生産性がありません

だから、スパッと結論を言ってしまう。これが1分で話すための方法です

ムダなものをつけずに結論を出して、根拠をいくつか出せば本当はOKなんです

それでちゃんと伝われば、さらに質問に答えたりして内容を深く掘り下げることもできます

だからとりあえずは、1分で話せるように話を組み立てましょう

それ以上のプレゼンは蛇足でしかありません

『1分で話せ』1分で伝える極意を学ぼう

1分で相手にプレゼンをするためには

  • 相手を動かすことをゴールに設定する
  • 結論をはっきりさせる

この2つが重要です

結論をはっきりさせたうえで、そこに根拠をくっつける。これだけでプレゼンの内容としてはバッチリです

『1分で話せ』には今回紹介したこと以外にも

  • ピラミッドストラクチャーの考え方
  • 具体的にどのように根拠を示せばよいのか
  • 相手を動かす話し方・伝え方
  • 集中して話を聞いてもらうための方法

などが紹介されています

また、実際にプレゼンをする場面を想定した、シーン別の対応の仕方も実践編として載せられています

プレゼンがうまくいかないというひとや、話が長くなってしまうというひとは、『1分で話せ』を読めば、何かヒントをもらうことができるはずです

そんなこんなの今回です。
それでは次回も、何卒!

コメント

タイトルとURLをコピーしました