就活の新常識!「面接にスーツを着ていってはいけない」とは!?

廃油です

少し前までは、就活の面接ではスーツを着ていくのが常識でした

「私服でお越しください」と書いてあってもスーツを着ていくものだと教えられてきました

しかし、この常識はすでに過去のもの。いまでは就活にスーツを着ていく人はいません

スーツではなく軽装で面接を受ける。これが就活を成功させるために必要不可欠なものであり、就活のマナーです

ではなぜ面接にスーツを着ていってはいけないのでしょうか

今回は、そんな就活の新マナーについて説明していきます

ハンドメイズ・テイル

「私服でお越しください」は提案ではなく命令である

企業の面接要項には、「私服でお越しください」や「私服で構いません」といった言葉が書かれています

一昔前の就活生はこれを無視していました。これから働きたい!と思っている企業からの命令に背いていたのです

面接というのはそのひとのスキルをみるためのものであると同時に、会社に服従できる人材なのかどうかを見抜くためのものでもあります

それにもかかわらず、「私服で構わない」という言葉を無視してスーツで面接に挑むのはあまりにも無謀だと言わざるを得ません

「私はあなたたちの言うことを聞く気がありません」と宣言しているようなものです

「私服でお越しください」と言われたら私服で行くしかありません。それが就活です

「私服でお越しください」は企業からの親切心ではありません

ちゃんと「私服で来るように」という言葉に服従できるかを確かめているのです

「私服でお越しください」は提案ではなく命令なのです

もちろん、私服がスーツなのであればスーツで行っても構いません

しかし、本当にスーツを私服にしているのか怪しまれる可能性もあるので、証拠になるような写真を用意しておくのが無難でしょう

面接とは個性を見せる場である

面接の際に、面接官になんの印象も残すことができなかったら、その企業での採用はもう絶望的です

就活を成功させるためには個性を見せなければいけません

それにもかかわらず、みんながみんなスーツで面接に挑むのはおかしいと思いませんか?

「面接にスーツを着ていってはいけない」というマナーはこのことから誕生しました

つまり、個性を見せる場であるはずの面接に、個性を消してしまうスーツを着ていくのはおかしいということです

無難な私服も避けよう

面接官をあっと言わせるためには、できるだけ個性的な私服を着ていく必要があります

そのため、無難な服を着ていくのは避けるようにしましょう

普段からなるべく派手な服を着て、ほかの就活生と差をつけられるようにしましょう

SHOPLISTならきっとほかの就活生をぶち抜けるような服が見つかるはずです

夏用

私服を着て面接に行くときに気をつけるべきこと!

私服で面接にいくときにも気をつけるべきことがいくつかあります

基本的には以下の項目を気をつければ問題ありません

  • 匂いに気をつける
  • シワはないほうが良い
  • なるべくよれよれじゃないものを選ぼう

いくら私服とはいえ清潔感は大切です。これらの項目には気を使うようにしましょう

面接官の服の好みを調べる

就活の際には企業分析というものをしますが、人事担当の方々がどのようなファッションを好むのかもリサーチしておいたほうが良いでしょう

  • ストリート系が好き?
  • キレイめが好き?
  • 暖色と寒色のどっちが好み?

などなど・・・

ファッションで面接官の心をつかめば、多少受け答えがままならなくてもなんとかなるはずです。しっかりと対策するようにしましょう!

まとめ:普段から派手な服を着る。スーツはNG!

面接は自分の個性を見せる場なので、地味な服を着ていってはいけません

普段から個性的なファッションを取り入れ、面接官の印象に残るようにしましょう!

また、面接にスーツを着ていくというのは古い就活マナーです

いまは「私服でお越しください」という企業からの命令をしっかり守り、スーツではなく私服で面接に行くのが常識です

面接にスーツで行くというNG行動は絶対にしてはいけません!

この記事に書かれていることを意識すれば、服装面ではバッチリです。自信を持って面接に挑んでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました