大学はぼっちでもなんとかなる

廃油です!ぼっち系大学生です!

でも気にしてない!ぼっちでも気にしてない!だってぼくは戦略的ぼっちだから!

群れてる大学生なんて雑魚だぞ!あんな奴らと自分を比べて落ち込む必要なんてない!

ぼっちでも何も問題はないしぼっちでも行動すれば最高だ!ぼっちは最高なんだ!

大学生だろ!ひとりで生きろ!

ぼくは基本的に大学生活はひとりで過ごしています

授業はもちろんひとりで受けるし、昼食もひとりでとります

でもまわりを見てみるとみんな集団になってぞろぞろ歩いているわけですよ。大学生なのに

大学生ってもう大人だぜ!?そんなに群れるなよ。ひとりで歩けよ!大学生だろ!

「ぼっちで講義受けるの嫌だ~」とか言ってる奴らがたまにいるけど友達と一緒に講義受けてどうすんだ

講義中にしゃべるわけでもないんだし講義くらいひとりで受けろ!大学生だろ!

こんなぼくですが、1年生の6月くらいまでは友達と一緒に講義を受けていました

大学の椅子ってそんなに間隔あいてるけじゃないからとなりに人がいると邪魔です。教科書とか置き場所なくなります

友達と一緒に講義を受けていたときは別に気にしてなかったんだけど、ひとりで受けるようになってからは隣にひとがいないことの楽さに気づいてしまいました

別に友だちがいないことを自分で正当化しているわけじゃないもんね!悔しくなんてないもんね!

その友達がなぜいなくなったかというとそもそも「とりあえず友達作っとかなきゃやばいよな」って思って作った友達だから気が合わなかったっていうのと、ぼくが同じ人とずっと一緒にいられない性格だからです

大学生なんだからひとりで生きろよエピソードはほかにもあります。昼食です

冒頭でも言ったとおりぼくはひとりで昼食を食べています

ちなみにぼくはOLを目指しているのでランチにはスープを飲みます

夕飯にスープ(味噌汁)を多めに作って残ったやつをスープジャーに入れて大学に持っていく感じです

ちなみにスープジャーはTOMICってところのやつ使ってます。スプーンも入れ物もついてくるしいいですよこれ

ぼっち飯だとどこで食ってもいいから時間が無駄になりません

バッと食べて残りの時間は読書したりブログの下書き書いたり寝たり勉強したりできます

でも友達と一緒に昼食なんて食べたら最悪ですよ。昼の時間がムダになります

たまに人とご飯を食べるとかならそれはめちゃめちゃ有意義な時間になりますけど、いつも一緒にいる友だちと昼ごはんを食べてもなにも面白い話は出てきません

それをオモシロイと思っているなら勘違いです。まったく面白くありません。本当に面白いのは自分の時間を自分の好きなことに費やすことです

しかも複数人で昼食を食べる場合場所を確保する必要があります

お昼の学食なんて激混みですよ。ひとりならどこかしらあいてるけど3人以上いたら場所を確保することはできないでしょう。そして餓死するのです

だから昼食くらいひとりで食べろ!大学生だろ!

ぼっちだと1つだけ不便なことがある

大学生には単位を取得するという使命が課されています

大学で単位を取りたいならまぁ普通に勉強すればいいんですよ本当なら

でも日本の大学は異常なので友だちがいないと単位が取りにくくなります

たとえば出席のある講義がある日に体調が悪くなったとします。友だちがいれば代わりに出席票を提出してもらうこともできるでしょう

でもぼっちはその場合出席点は諦めなければなりません。なぜなら代わりに出席票を出してくれる友だちがいないからです

ほかにも、過去問を入手できないというのもぼっちだと不便なことです

日本の大学は異常なので過去問があるとないとでは単位の取りやすさがかなり違ってきます

過去問をそのまま試験に出しやがる教授もいるので、全然真面目じゃないけど友達が多いクソ野郎が単位を取得して、真面目なぼっちが単位を落とすということもあります。おかしいだろ!

でも出席に関してはともかく、過去問に関しては友だちがいなくてもなんとかなります

友だちがいなくても同じ学部の先輩がいれば過去問は手に入れることができるからです

友達いないくせに同じ学部の先輩とどうやって仲良くなるんだよって思うかもしれないけど、サークルに入るとか少人数授業でなんか知らないうちに先輩の連絡先をゲットするとかすれば大丈夫です

ちなみにぼくは先輩に過去問もらってました

でも安心してください。先輩すらいないってひとでも大丈夫です

最近は学部の資料室とかに過去問とか試験の講評とかが集められていることがあります。ぼくの大学の法学部はそうです

だからとりあえず自分の大学にそういうところがないか探してみよう!ないなら諦めて人一倍勉強しよう!

同じ大学の人じゃなくても触れ合う方法はある

「出席とか過去問とかじゃなくて!人と話したいんだよ!」ってひともいると思います

ぼくも同じ人とずっと一緒に話してるとかが嫌なだけで人と話すのは好きなのでその気持ちはわかります

でも友達じゃなくても、同じ大学のひとじゃなくても話す方法はいろいろあるわけですよ

たとえばサークルの人とか別に友達じゃなくても話せるじゃないですか

サークル入ってなくてもいまはツイッターがあります。ツイッターのフォロワーと会って話してみるっていうこともできるわけです

あとはなにかしらのイベントに参加してみるとかね。ぼくもこの前自分と全然関係のない、知り合いすらいないサークルのイベントに参加してきました

high-u.hatenablog.com

友達なんてその場にはひとりもいなかったけどいろいろ話せて楽しかった

別に友達がいなくても自分で動けば話相手はいます

だから同じ学部にひとりも友だちがいなくても大丈夫だし、サークルに入ってなくても自分から動けばなんとかなります

ただ友達のいないやつになるか戦略的にぼっちになるかは自分次第です

ひとりでいるのが怖いから群れてるやつらなんかに負けちゃだめだぜ

コメント

タイトルとURLをコピーしました