非モテ三原則

非モテ担当大臣の廃油です

日本には非モテ三原則というというものがあります。読んで字のごとく非モテが守らなければいけない3つのルールのことです

もし非モテ三原則が形骸化してしまうと恐ろしいことになります。人々は闘いを始め、日本という国は崩壊してしまうに違いありません

僕は非モテ担当大臣としてそのような結末を防がなければなりません。そのためにも、この記事で全国の非モテたちに非モテ三原則を広めていきたいと思います

非モテ三原則とは

非モテ三原則は非モテの非モテによる非モテのためのルールです

非モテの秩序は非モテ三原則によって保たれています

では、非モテ三原則とはどのようなものなのか。説明していきましょう

①持たず
②作らず
③持ち込ませず

これが非モテ三原則です。聞いたことあるでしょう?

この3つの原則が非モテというコミュニティを形作っているのです。非モテ三原則無くして非モテなし!

ところで、上記の非モテ三原則は標語みたいなものなのでこれだけではわかりにくいですよね。非モテ三原則を理解させるのも非モテ担当大臣の仕事。今回は特別に非モテ三原則をひとつずつ説明していきます

①持たず

まずは持たず。これはなにを持つなということなのかというと、もちろん恋人です。

非モテが恋人を持つなど言語道断!非リアにあらずんば非モテにあらずというのは有名な言葉です

もし非モテが恋人を持ってしまった場合、本人の自我が崩壊するのみならず周りの非モテも地の底に叩きつけられることになるでしょう。「持たず」というのは非モテにとっての大原則なのです

②作らず

これも当然わかると思いますが、恋人を作るなということを表しています

「持たず」となにが違うのかというと、「作らず」というのは恋人を作ろうとすることも禁ずるということです

非モテ原理主義者はこの「作らず」という原則を最重要視します。具体的には、異性と話すことは禁止身なりを整えることは禁止などです。原理主義とはおそろしいものなのです

通常の場合であれば身なりを整えることや異性と会話をすることは禁止されません。ただし、異性と二人で出かけたり異性を部屋に入れたりする行為は非モテ三原則から逸脱した行為だとみなされることになるでしょう

③持ち込ませず

これが一番わかりにくいかもしれません。非モテ三原則でいうところの「持ち込ませず」とは、恋愛話(通称恋バナ)の禁止を表しています

非モテは恋愛の話に敏感です。もし非モテに過去の恋愛の話を振ってしまうと、顔が真っ赤になり、目が泳ぎ、「昔は恋人いたことあるよw」といった謎の嘘をつかせてしまうことになります

非モテのコミュニティに属していない人間から恋愛話をされてしまうのは仕方のないことですが、それを非モテ同士で行うことほど不毛なことはありません。なぜなら話すネタがないのだから

また、非モテのコミュニティのなかで恋愛話をしてしまうと、「あいつは恋人を作ろうとしているのではないか」ということになり「作らず」の原則に反しているとみなされてしまう危険性もあります

そういった自体をさけるためにも、恋愛話を持ち込むのはさけるようにしましょう

非モテ三原則に抵触するとどうなるのか

もし非モテ三原則を破ってしまったら、もう非モテのコミュニティに属することはできません

非モテにははぶられ、村八分にされ、あなたの居場所はモテグループにしか存在しなくなってしまいます

・・・・・・あれぇ?

僕はモテたいので非モテ三原則は破ることにします。よって非モテ担当大臣も辞職します。代わりに誰かやってください

それではみなさん、よい非モテライフを

コメント

タイトルとURLをコピーしました