NakamuraEmiさんというシンガーソングライターが素晴らしい!

f:id:high_u:20170503191253j:plain

お久しぶり。廃油です。

ブログサボってる間にめちゃくちゃかっこいいシンガーソングライター見つけちゃった。

そういうわけなので、シンガーソングライターのNakamuraEmiさんを紹介します!!

NakamuraEmiとは

神奈川県厚木市出身。
1982年生まれ。
山と海と都会の真ん中で育ち幼少の頃よりJ-POPに触れる。
カフェやライブハウスなどで歌う中で出会ったHIPHOPやJAZZに憧れ
歌とフロウの間を行き来する現在の独特なスタイルを確立する。
その小柄な体からは想像できないほどパワフルに吐き出されるリリックとメロディーは、老若男女問わず心の奥底に突き刺さる

プロフィール | NakamuraEmi公式サイト

僕がNakamuraEmiさんの曲を知ったのは笑ゥせぇるすまんのOPに使われていた曲を聴いたからです。

「ほぇ~、かっけぇ曲だなぁ」と思って聴いてて、CMで流れた『大人の言うことは聞け』を聴いてからはもうイチコロでした。

これこそがロック!

僕はロックよりもメタルのほうが好きなのでロックが好きな人がどのように考えているかはわかりませんが、個人的にはロックに必要なものって思想だと思ってます。

何か伝えたいものがあってその思いを音楽という媒体で発信するのがロックなんです。

でも最近の「ロックバンド」には思想がない。ただキャッチーなだけで薄っぺらいなぁって。僕が邦ロックを聴かなくなったのもたぶんそれが理由。

でもね、NakamuraEmiさんの曲にはちゃんと思想があるんです。それもとびきりパーソナルな思想が!

「私はこう考えてるんだ!」っていうのがビリビリ伝わってくる。

たとえば、『大人の言うことを聞け』という曲


大人の言うことを聞け / NakamuraEmi

ロックって反社会的というか反骨精神というか、なにかに反抗するみたいな歌詞が多いと思うんですけど、この曲は
大人の言うことを聞け。反発しろ!じゃなくて一歩近づけ!なんですよ。

権力に媚びろってこと?ロックじゃねくね?って思ったそこのあなた!ちゃんと曲を聞きなさい。

この曲の主張は大人の言うことにはちゃんと耳を傾けろよ。受け入れる必要はないけどです。

何も奇をてらってない、NakamuraEmiさんの主張が綴られているんです。

なんか若手バンドってウケ狙いしてる感じのサムい歌詞ばっかり書くじゃないですか。ああいうのじゃないんです。ちゃんと思想が伴ってる。

他には、『YAMABIKO』


NakamuraEmi – 「YAMABIKO」 MusicVideo

この曲の主張していることは「人それぞれ道はあるんだから誰かと、何かと比べる必要はない」ってことかな。たぶん

ありふれたことかもしれないけど、それを自分なりに改めて主張できるってすげぇと思うんですよね。何かをネラッてるわけじゃないから魂がビンビン伝わってくるの!最高!

『メジャーデビュー』は聴いたとき泣きそうになりました。


NakamuraEmi – 「メジャーデビュー(Studio Session)」 MusicVideo

この曲はメジャーデビューすることについて自分の気持ちを歌った歌だと思うんですけどね、本当にいいよ。めっちゃいい。

YAMABIKO(前述の曲。この曲で人気出たっぽい)を超えなくちゃって考えてしまった自分が嫌だっていう内容の歌詞があるんですけど、その部分がめっちゃ好きです。この人はちゃんと自分の曲の魅力を理解してるんだなぁって、なんかエラそうだけどそう思っちゃった。

NakamuraEmiさんの魅力は曲の優劣とかじゃなくて自分の思いを、魂を込めて曲に乗せて歌ってることだと思うんです。

だから、「結果気にして書いたら私の曲はすっからかんだ」って歌詞でグッときました。いやー、いいね。

NakamuraEmiさんにはブレずにいてほしい

日本のアーティストでこんなにかっこいいと思ったのは久しぶり!だからNakamuraEmiさんにはブレずに頑張って欲しい!

売れるとだめになっちゃうアーティストっていっぱいいるじゃないですか。ああいう風にはなってほしくない。ならないと信じてる!

こんなに魅力的なシンガーソングライターはめったにいないですよ。もうメロメロです。みんなにもぜひ聴いてもらいたいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました